画像引用元:http://www.kanken.or.jp/kanken/

2級から面接で評価されやすい

漢字検定とは、日本語漢字能力検定のことです。

昔は良く日本語漢字能力検定として紹介されていましたが、
今では数多くの取得者がいるため漢字検定、
もしくは漢検(かんけん)で親しまれるようになりました。

また、日本語漢字能力検定には1級、2級というものがありますが、
2級の時点で評価されるようになっています。

どのような場面で評価されるのか?というと、
主に就職、進学において評価されることが多いのです。

なぜ、今になって漢検が見直されるようになったのか?というと、
それは活字離れが深刻化しているためでしょう。

昔に比べると雑誌などを読んでいる若者は多くいる状況です。
ですが、若者言葉、もしくは省略語などが多く登場する雑誌が多いため、
正しい日本語を学ばれている個人はあまり多くありません。

そのため、そのような状況を打破する目的で、
小学生に対して日本語漢字能力検定を勧めているというケースまであります。
それほど深刻化しているのです。

また、日本語を正しく使えない・・・ということは、
人とのコミュニケーションに支障をきたす恐れがあるという意味でもあります。

実際に、イベントなどでメール、ハガキを送る際に、
漢字の使い方が間違っているというトラブルは多く起きています。

挨拶に関してもすべて同じという人もいれば、
顔文字と言われているものを使っている人までいるため、
あまり規律正しい漢字力を持っている人は多くないのです。

そのため、今では日本語漢字能力検定が重要視されるようになり、
マナーやルールについて再認識するような時代となりました。

面接においても質疑応答などで、
日本語漢字能力検定2級以上を有していると、
漢字力が高い人物としてみなされることが多いです。

なにより難しい漢字は時として登場するものなので、
語学力が高卒以上として扱われる漢検2級を取得しておくことは、
コミュニケーションの場においても重要でしょう。

漢字が見直されている時代

日本語漢字能力検定についての補足となりますが、
今では漢字そのものが見直されようとしています。

実際に漢字を使った遊び、
もしくはゲームを通じて漢字能力検定を疑似体験できるソフトまで売られているのです。

なぜ、このような人気になっているのか?というと、
それは漢字能力が高い人物というのは日本を良く理解している人物でもあるからです。

今では、日本を大事にしている、
文化を大事にしている人ほど高い評価を受ける時代となっているため、
このような考え方、もしくは遊び方が登場するようになりました。

ただ、資格を有している人とそうでない人の場合、
やはり有している人のほうが生活や職業において有利な立場になりやすいです。